涙が止まらないのはうつ病だから?

「恥ずかしい」「みっともない」「個人的な弱さ」と、涙を流すことを否定的に考える人は少なくないようで、実際に言われたことがある方も多いかと思います。その一方で、失恋したとき、試合に負けたとき、大事にしていたものが壊れたときなど、つらい思いをしたときに、号泣することで翌朝にはスッキリした、という体験がある方も少なくないのではないでしょうか。

泣くことは自然なことで、ストレスが緩和される、周囲のサポートにつながるなどのメリットがあります。一方で、「わけもなく涙が出る」「いつまでも泣きやまない」などの「泣くこと」の異変はうつ病のサインである可能性があります。

この記事では、涙を流して泣くことのメリットと、泣くこととうつ病の関係を解説します。

泣くことは健康に悪い?

悲しいとき、寂しいとき、うれしいとき、楽しいとき──私たちはさまざまな感情に伴って、自然に涙を流します。この「感情的に泣く」ことは人間に特有だと考えられています。
一方で、「人前で泣いてはいけない」「泣くのは恥ずかしいことだ」「泣くのは弱いからだ」などという価値観を背景に、泣くことを否定されながら育った方も少なくないと思います。
それでは、泣くことは健康を害するのでしょうか?
その疑問には、「いいえ」と答えるのが妥当でしょう。
泣くことは多様な感情に対する人間の正常な反応であって異常なことではありません。それどころか、近年の研究によれば、泣くことが健康に有益であるということが示されつつあります。

涙の種類

涙は基礎分泌・反応性・情動性の3種類に分類されます。

  • 基礎分泌の涙:常に少量分泌され続けている涙で、目の潤いを保ち、感染症から目を保護します。
  • 反応性の涙:目にゴミや煙が入った時、タマネギを切った時などに反射的に流れる涙で、異物を洗い流し、目を保護します。
  • 情動性の涙:さまざまな感情に伴って流れる涙です。この涙は人間に特有であると考えられています。

一般に「涙を流す」というときは《情動性の涙》を指します。

なぜ泣くのか?

情動性の涙は、成長に伴って流す理由(きっかけ)が変化します。
赤ん坊は、「おなかが空いた」「おむつが濡れた」「何か来た、助けて」と泣くことで不快な感情を示します。話すことができない赤ん坊にとっては、自分に迫る危険やストレスを周囲に伝える手段は泣くことしかありません。
小児期からは肉体的な苦痛も涙のきっかけになりますが、成長と共に泣かなくなります。

成長に伴い、(男性は特に)泣くことを我慢するようになります。それは泣くことを我慢するように教育されることが深く関係しています。一方で文献をひもとくと、古事記のスサノヲから、戦国時代の武将まで、昔の人々は実によく泣いています。日本において「男の涙」が恥となったのは江戸時代以降らしいので、戦争や飢饉など、文字通り死が隣人であり、明日の命も定かでなかった人々にとっては、泣くことはむしろ、命を実感するためにも大切な表現であったのかもしれません。

大人になるにつれて涙を引き起こす感情は幅広くなり、さまざまな苦痛以外にも、映画や小説などに感情移入して流す涙、他人に同情して流す涙など、共感に由来する涙が多くなります。

泣くことの4つのメリット

さまざまな研究によれば、泣くことには以下のようなメリットがあります。

1.ストレスを緩和する

悲しいことや苦しいことが起こったとき、混乱の渦中はかえって泣けず、一息ついてホッとした瞬間に涙が流れるということがあります。
《自律神経》は、ストレスを感じている時には《交感神経》が、リラックスしているときには《副交感神経》が活性化します。涙は《自律神経》の《交感神経》と《副交感神経》が協調して制御していますが、副交感神経の活動がより重要です。泣く直前に交感神経が高まった後、涙を流す瞬間に副交感神経に瞬時に切り替わっていることが観察されています。

2.周囲のサポートを得る

赤ん坊や子供が泣いているのを見ると、つい心配してしまう方も多いと思います。
泣くこと(特に涙)は、あなたが助けを必要としていることを周囲に伝える役目を担います。周囲の共感や同情心に訴え、攻撃性を軽減します。
ただし、声の要素は時に雑音として捉えられ、周囲をイラつかせる可能性もあります。

泣いている人に対して周囲が共感し慰めるようなとき、気分が改善する可能性があります。大勢の前で泣いたときは恥ずかしいなどの雑念が生じる可能性がありますが、親しい人が単独で共感的に付き添う場合には、気分の改善の度合いが高いようです。

3.痛みを和らげる

泣くことで、オキシトシンやエンドルフィンが分泌されます。これらの生体物質は、心身の痛みを和らげることに役立ちます。

4.気分を改善する

泣くことでスッキリするという体験は多くの方がもっていると思います。一方で、泣くことが気分に悪影響を与えることもあります。社会的な影響などで、「泣くことは恥ずかしい」「弱さである」というようにネガティブなものだと感じている場合や、周囲が偏見や悪意をもち、拒絶的・批判的に対応する場合は、泣いた後の気分の改善を妨げる可能性があります。

わけもなく涙が出るのはうつ病だから?

上述のように泣くことにはメリットが多く、自然な感情に従って泣くことは正常で心配する必要はありません。
しかし、異常に泣きすぎるような場合は、もしかするとうつ病のサインかもしれません。以下のような「泣くこと」の異変があり、日常生活に支障をきたしている場合はうつ病の可能性があります。なお、重度のうつ病では、かえって泣くことが難しくなります。重いうつ病の治療中に泣けるようになることは、回復の兆しである可能性があります。

  • 通常より頻繁に泣く
  • いつまでも泣きやまない
  • 涙もろく、ちょっとしたことで涙が出る
  • わけもなく涙が出る

その他のうつ病の症状には以下のようなものがあります。

  • 悲しみやむなしさを感じる
  • 趣味など、これまで楽しかったことが楽しめない
  • 落ち着かずイライラする
  • 眠れない、もしくは眠りすぎる
  • 食欲が湧かない、もしくは食べ過ぎる
  • 疲れ切り、何もする気力が湧かない
  • 自分が悪い、自分には価値が無いと思い込む
  • 集中力や判断力が低下する
  • 死にたいと思う、あるいは死や自殺について考える

これらの症状が、毎日、2週間以上続くような場合はうつ病の可能性があります。早めに精神科・心療内科を受診することをおすすめします。

まとめ

泣くことは、多様な感情に対する人間の正常な反応であり、ストレス緩和や周囲のサポートにつながるなどの利点があります。
しかし、頻繁に泣いたり、いつまでも泣きやまなかったり、理由もなく泣いたりするような場合は、うつ病の兆候である可能性があります。その場合は、精神科・心療内科を受診することをおすすめします。

渡邊 真也

監修

渡邊 真也(わたなべ しんや)

2008年大分大学医学部卒業。現在、品川メンタルクリニックの統括院長・本院院長兼務。精神保健指定医。

品川メンタルクリニックはうつ病かどうかが分かる「光トポグラフィー検査」や薬を使わない新たなうつ病治療「磁気刺激治療(TMS)」を行っております。
うつ病の状態が悪化する前に、ぜひお気軽にご相談ください。

関連する記事

  • 更新

精神科・心療内科情報トップへ