ストレス測定(自律神経バランス測定)とは、指先にセットした専用のセンサーによって心拍変動を計測・分析することで、自律神経のバランスを可視化する安全な検査です。分析結果はストレスの状態を推測するデータとして用いることができます。
本記事ではストレス測定(自律神経バランス測定)について解説します。

ストレス測定(自律神経バランス測定)とは

ストレス測定(自律神経バランス測定)とは

私たちの身体の状態は、自律神経の働きによって一定の範囲内に保たれています。自律神経のバランスが乱れることで、身体にさまざまな不調が現れます。
ストレス測定(自律神経バランス測定)とは、指先にセットした専用のセンサーによって心拍変動を計測・分析することで、自律神経のバランスを可視化する検査です。分析結果はストレスの状態を推測するデータとして用いることが出来ます。
ストレス測定は痛みもない安全な検査です。

心拍変動(HRV)とは

心拍変動とは“Heart Rate Variability:HRV”の訳語で、心拍が持つ独特の揺らぎのことです。
心拍の一拍一拍の間隔は、時計の針のように等間隔に刻まれるわけではなく、生体特有の揺らぎを持っています。この変動は数分の1秒というとても小さなものです。
一般に心拍変動が大きいことは、身体がさまざまな変化に適応していることを示します。ストレス反応時は、一時的に心拍変動が小さくなります。長期のストレスなどで自律神経のバランスが乱れると、安静時でも心拍変動が小さくなりがちです。

自律神経について

自律神経系は、生命維持にとって重要な内臓や血管などを、私たちの意思とは関係なく自動で制御するためのシステムです。手足は自分の意志で動かせますが、心臓や血管を自在にコントロールすることはできません。
私たちの身体は、《交感神経》と《副交感神経》の二系統の自律神経系がバランスをとっています。

交感神経は緊急事態に活性化する自律神経系です。外敵(ストレッサー)から逃げたり戦ったりするために、蓄えたエネルギーを消費して活動可能な身体状態を準備します。
わずかな情報も見逃さないように瞳孔は大きく開き、呼吸しやすいように気管支は拡張し、心拍数が増加することで全身に血液が大量に巡ります。逆に緊急時に活動する必要のない消化機能は抑制されます。

副交感神経は休息時に活性化され、交感神経とおよそ逆の作用を示します。
つまり副交感神経が活性化すると、瞳孔は小さくなり、気管支は収縮し、心拍数は減少します。消化機能が活性化することで食物の消化吸収が促進され、エネルギーを蓄えます。

ストレス測定の適応

当院のストレス測定は、12歳(中学生)以上の方を対象としています。なお、不整脈をお持ちの場合は測定できません。

ストレス測定の注意点

ストレス測定を受ける際には以下の点にご注意ください。

  • この検査の目的は、問診による診断をより確かなものに近づけることにあります。この検査だけで、精神疾患を自動的に診断したり、疾患の有無を証明したりするものではありません。
  • この検査は治療ではありませんので、この検査を受けることで直接病状がよくなることはありません。
  • 不整脈をお持ちの場合は測定できません。
  • まれに計測不良で判定が困難な場合があります。
  • 検査結果は原則として当日お渡ししますが、遅い時間の検査は後日のお渡しになる場合があります。

検査結果

検査結果
  • 検査結果は、原則として検査当日にお渡しします。再来院のお手間をとらせません。
    ただし、遅い時間の検査は後日のお渡しになる場合がありますのでご了承ください。
  • 他の医療機関に通院中の方は、主治医用の検査結果のコピーを無料でご用意可能ですのでお申し出ください。

ストレス測定の料金

ストレス測定 2,500(税込)

※当院は自由診療(健康保険適用外)のため、全額自己負担となります。

初診限定

安心お試しMセット12,990(税込)

セット内容

  • 光トポグラフィー検査【うつ状態を数値化】
  • ストレス測定【自律神経の状態を可視化】
  • TMS治療(20分枠)1回【脳を活性化させうつ症状を改善】
  • ※検査や治療は医師の診断によりますのでご了承ください。
  • ※20分枠には準備時間を含みます。

ストレス測定のよくあるご質問

ストレス測定はすぐに予約できますか?
可能な限りご希望の日時にご予約を取れるように努めております。
土日祝日を含め、品川本院は夜20時まで、梅田院は夜19時まで診療を行っております。
なお、梅田院は火曜日が休診日です。
他の医療機関に通院していますが、ストレス測定を受けられますか?
はい、可能です。当院は紹介状がご用意できない場合でも検査可能です。もちろん、紹介状をお持ちでしたら受診の際にご持参ください。
ストレス測定は誰でも受けられますか?
当院のストレス測定は、12歳(中学生)以上の方を対象としています。
ストレス測定を受けるにあたり、生活の制限などはありますか?
特に食事等の生活の制限はありませんので、普段どおりの状態でストレス測定を受けていただくことができます。
ストレス測定に副作用や危険性はありますか?
ストレス測定は指先に取り付けたセンサーで脈拍を測定します。指先にクリップを挟むだけなので、副作用や危険はありません。
ストレス測定で病気は治りますか?
ストレス測定は治療ではありませんので、病気が治る効果はありません。測定の結果によって、より有用な治療法を見つけられる可能性があります。
ストレス測定は健康保険が使えますか?
当院は自由診療ですので、当院のストレス測定は保険適用外になります。

参考文献

未成年・保護者の方へ